2011年 09月 10日

HRPより台風12号による被災地へのカンパの呼びかけ

拡散して下さい


台風12号による被災地へのカンパ呼び掛け

我々Human Recovery Projectは2011年8月下旬〜9月上旬に掛けて日本を襲った台風12号により被害を受けた地域の支援の為のカンパを強く呼び掛けます。

東日本大震災から約半年…今度は平成最悪と呼ばれる台風が紀伊半島を中心に日本を襲った。
場所によっては一時間に120ミリを超える猛烈な雨に降り、家や車を流され、道は遮断され、土砂災害までもが起きた地域があった。
家が流されないまでも家は床上浸水で水道、電気等のライフラインは遮断され、空からの救援等の特殊な救援が必要な孤立された村までもがある。
非常災害対策本部も設置された災害。

実際に三重県熊野市のある地域では水道が復旧するのは3ヶ月近くかかる見込みで、今は遠くから引っ張ってきた水道を何人もの人が利用したりする状況があり、水が欲しい人がいると現地の声が入っている。
量販店が普通に営業していても家を流され車は水に浸かり使えなくなり、財産となる物を失い、物を買えない状態の人も少なからずいる。

東日本大震災をキッカケに集まり、実際に東北に支援に行き、色々な状況を見てきた我々にとってこの災害を見過ごす事は出来ない。
東北大震災直後に実際に話した被災者の方は味噌汁一杯を涙ながらに「美味しい、ありがとう」と言いながら食べていた、その光景は今も忘れられない…だからこそ我々は今回も被災者の側の立場に立って物事を考えたい。

今回のカンパはHuman Recovery Project内の一人の故郷である三重県熊野市を中心に支援をしようと考えています。
ただカンパを集めて宙に浮くような所へそれを預けるのでは意味がありません。
だからこそ熊野市にて地元の利を活かし、情報収拾を行い、その中でも必要とされる所に責任を持って届けます。
実際に我々の仲間の実家は床上浸水で床を張り替えなければならない状況、周囲でも特別養護老人ホームの床の張替えが必要だったりという情報も入ってきています。

被災地に行く事が出来なくてもカンパという形で支援は出来ます。
それが一円であろうと五円であろうと大勢の人の気持ちが集まれば大きな支援になります。大袈裟では無くそのカンパで人の命を救う事だってあります。

カンパは下記口座への振込みを始め、9.11新宿原発やめろデモやライブ等Human Recovery Projectメンバーの関わる場で集めます。宜しくお願いします。

※今回の台風による被災に対してのカンパは「クマノ」と記してください。城南信用金庫 高円寺支店 普通 327580 ヒユ−マンリカバリ−プロジエクト
[PR]

by voxpopuli | 2011-09-10 06:38 | 雑記 | Comments(0)


<< V.A - DON'T...      ザッキ! >>