VOX POPULI

vopo.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 09日

SKIZOPHRENIA/1981 EUROツアー レポート4

12月31日 バルセロナ/スペイン

起床してまったり。
ヨシオが1日の朝にはバルセロナ市内から空港に向かうので時間確認。。。あれ??これ、2日に変更なってね??
というわけで、結局僕たちと同じ便に。いいね!

この日はベファのお母さんの誕生日らしくバルセロナに向かう前に両親の住む家へ。
ベファと両親が仲良しなのは知ってたけど誕生日にワザワザプレゼント持参に会いに行くだなんて微笑ましい。
僕も以前ベファのお父さんからワインを頂いてたこともあり、日本から持参してた急須を渡す。二日前にちょうどティーポットを壊したらしくメチャクチャ喜んでくれた。

さて本日はバルセロナ!!
移動途中に馬鹿でかい昔の水橋?みたいなんを堪能しつつ、7時間くらいのドライブ!!

フライヤーに書いてあるスタート時間は22:30だけど着いたのが22:00。そこから機材を運んで用意するわけだからちょっと遅刻かなと思ったけど、まったく問題ないとのこと。

着いたのはビルのスクアット。鉄の扉を開けると中にはパンクスだらけ。犬もたくさん。
天井もばか高くメチャクチャ広い。
この日の企画者である、地元サンテティエンヌのメンバーと遠距離でKOENIGSTAIN YOUTHっていうバンドをやってるトラッシュとDISCOS ENFERMOS RECORDSのINTIに挨拶。

今日のライブ会場はビルの一番奥にある広い部屋。
もともとは手前にある200人は余裕で入れるであろうスペースでライブをやってたみたいだけど、今日は人がたくさんきそうだからってことで一週間前にステージを作ったらしい。

この日はいろんな知った顔に会えた。フランスから日本に来て住んでたマックス。LA VIDA ES UN MUSのパコ。
スウェーデンのハードコアバンド、INFERNOHのパンチョもわざわざスウェーデンから来たみたい。オーストラリアから来てたPUNKSも。

年が変わるころにはかなりの人、年明けのカウントダウンみたいなのはないし、みんなそんなに気にしてなさそうだけど、ハッピーニューイヤーって言葉をよく発するようになったころライブスタート。

一番目は名前は知らないけどすごいテクニックでバイオリンを弾いてみたり、ギターのように掻き鳴らしながら歌いあげるソロ。
そして続いて、フランスからLITOVSK。いわゆるポストパンクと呼ばれるような音のバンドだけどかなり渋くかっこよかった。BLITZのNEW AGEのカバーもバッチリ決まってた!
フィンランドのESCAPISTも同様にポストパンクスタイルで同様にかっこよし!

続いて1981!踊り狂う人達!みんなテンション高し!
出る予定だったCOPS BBQはなぜかキャンセルになり、午前三時半くらいにSKIZOPHRENIAの出番。
これが凄かった。。今までで一番狂ってたライブ。
ステージの上グチャグチャ、前三本のマイクはないわ、ケーブル切れまくってるわ。
最終的にはドラムセットのマイクもほぼ全て使いきりライブ終了!アンコールの声もたくさん。
聞けば500人くらいいたみたい。すげーなおい。

ライブ終了後はみんな各自好き勝手騒いだり泥酔?して寝てたり。。
たくさんの人が話しかけてくれた。「明日も行くぜ!!」と言ってくれてる人もたくさん。
そう!急遽次の日もライブをすることになったのだ。

シークレットライブをやりたいんだけどどうかな?と言われたのが日本出発前日。
ヨシオがいないからなーと断る方向で考えてたけど、ヨシオ飛行機も変更なってたし結果オーライ!

夜明け前に寝床へ移動。テンションのおかしな1981ヤンネとスキゾチームで移動!
本日の寝床はこれまた別のスクアット。ゲストルームのベッドで就寝!即寝!

b0175411_2337729.jpg

b0175411_23374790.jpg

b0175411_23395031.jpg

b0175411_23381584.jpg

b0175411_23385918.jpg



1月1日 バルセロナ/スペイン

昼過ぎに起きてベファと共にスクアットの屋上へ。
バルセロナの街が一望できる素晴らしい場所。絶景! すぐ後ろはすげー有名な公園らしく、観光客がたくさん。
こんな場所に空きビルがあり不法占拠できちゃうのか。。

バルセロナの街をブラブラ。寝床スクアットのすぐ近くの公園をぶらぶらしたり、サクラダファミリアの真ん前でパエリアを食べてビールをたしなむ。
あーこんなこともツアー中にできるとは思ってなかった。

日が暮れ出したころにスクアットに戻り準備してライブ会場へ!
急遽決まったこの日のライブは、バルセロナから少し離れた街マドリードで警察にテロリスト扱いされて不当逮捕されたパンクスへの援護資金調達ベネフィットライブ。
「すべてのギグマネーは友達のために使うけどいいか?」「もちろん!少しでも手助けできて光栄!」

会場につくと前日とは違い綺麗な建物。
ユースセンターという部類の建物らしく、一番奥がライブもできるようになってる。

この日も1981とSKIZOPHRENIAのみ。
1981の感動的なライブの次が僕たち。
いよいよ今回のツアーの最後かー!と感慨深くなるというのも対してなく、とにかくやるのみである。昨日の混沌ライブよりは遥かにまともに演奏ができ悔いも残らず終了!!

全てを片付けた後に二階のキッチンがあるスペースにてカレーを食べさせてもらう。
キッチンで食べたり呑んだり、シェフヤウルがチャラけて見せたりしたあとに物販整理したりして片付け。
本日の寝床は1981全員と別々なのでここで1981メンバーとはお別れ。
またすぐにでもどこかで会うだろうからそんなに名残り惜しくはない。

じゃあな!次は北欧だな!とお別れ!


昨夜と同じスクアットで就寝!!



早朝に起きて空港へ。
ベファともお別れ!!全てにおいて大感謝!!

二回の乗り換えをこなし難なく関空に到着。
の予定が、エアチャイナの不具合によりヨシオのみ北京空港にて8時間取り残されるというアクシデントが最後に待ち構えてましたとさ。

----------------------------------------------------------------------


終わってみればあっという間の出来事。今回受けた刺激はこれからの生活に少なからず影響されていくでしょう。
スクアットとかもそうだけど、自由だなーと思うことは日本に比べてたくさんあるけど、日本での生活はなんだかんだで好きだし、
SKIZOPHRENIAやVOX POPULIを通していろいろ発信していけたらなと思わされました。
何よりもネットワークオブフレンドを目の当たりにして、遠く離れた僕たちをたくさんの人がサポートしてくれて大感動!!

なにが成功かだなんてわからないけど、各地のシーンを少しでも触れることができ、新たな出会いもあり、遠く離れた島国に暮らす僕たちのPUNK MUSICを見せれたというのだけで大成功!!

SKIZOPHRENIAはずっとやり続けるだろうから、今回行けれなかった場所はいずれそのうち。
長年かかってもいいから自分たちなりのPUNK LIFEで世界各地に行けたらなと。いや、行く。


SEE YOU IN RAW PUNK HELL!!

b0175411_23403290.jpg

b0175411_23411412.jpg

b0175411_23413910.jpg

b0175411_23421956.jpg

[PR]

by voxpopuli | 2015-09-09 10:26 | 雑記 | Comments(0)


<< ザッキ!最近のつるやはイマイチ...      SKIZOPHRENIA/19... >>