<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 30日

ハーサバ!ダンドー!アンスキルドラボ!

the SAVAGES - tomorrow's view 7"ep  900yen
b0175411_2016970.jpg

ex-INTRUDERSのKENTA、ex-ROUGH STUFFのRAMAN、ex-AVFALLのOTAの三人によるUK82 な哀愁PUNKに泣きのメロディを詰め込んだ渾身の三曲入り!DEMO CDもまだあるよ!


FRENZY - disconnected 7"ep 900yen
b0175411_20161288.jpg

祝!来日!アメリカはポートランドのFRENZYのセカンドEP!!
ex-NERVESKADE、BI-MARKS、DISTORT REALITY recのSKELL師匠らが奏でるDISORDERED POGO NOISE PUNK 4曲入り!!!1st EPもまだあるよ!


UNSKILLED LAB - 1st demo CDR 300yen
b0175411_20161415.jpg

四日市のパンクショップVORTEXのBANさんらが始めた新バンド!アンスキルドラボの挨拶代わりデモCDR!!
前身バンドTHE C-3'Sが持ち合わせてたPOST PUNK?な奇怪で妖麗なパンクロックの雰囲気も持ちながらもより、初期衝動あふれるPUNK ROCK黎明期の雰囲気を感じる、いい意味で"未熟な実験室"な8曲入り!


MosomosO / COLOR ME BLOOD RED - HEY!! Split CD 1296yen
b0175411_20161534.jpg

MosomosOとCOLOR ME BLOOD REDという極寒の地"札幌"からの激烈SPLIT CDが男道レコーズから!
MosomosOは痛快で狂乱なハードコアスラッシュアッタクパンク!COLOR ME BLOOD REDはパワーバイオレンスハードコア!で両者6曲ずつと、両バンドのメンバーによるセッションを含む全14曲。
両バンドの特色と友情が産み出した名スプリットCD!!



CAPITALIST CASUALTIES - LIVE IN KOCHI CHAOTIC NOISE CD 1500yen
b0175411_20161782.jpg

USサンフランシスコのパワーバイオレンス代表選手、CAPITALIST CASUALTIESの2014年10月07日、高知カオティックノイズでのライブを完全収録した26曲入り!


BACTERIA - 28 TRAX DEMO CD 1080yen
b0175411_20161973.jpg

DAN DOH RECORDSの記念すべき100作目!!
"DISCLOSE"川上氏と"INSANE YOUTH"ヒロ氏によるユニット!"SORE THROAT"で"FEAR OF GOD"な怒涛の全28曲!!
[PR]

by voxpopuli | 2015-09-30 21:58 | 入荷 | Comments(0)
2015年 09月 19日

入荷!日本パンク!

VESPERA - VEX CD 1500yen
b0175411_16304823.jpg

VESPERAの4本のDEMO TAPE、1枚のEPに次いで放たれた1st ALBUM!!
MCRと自主レーベルVESPERADICALの共同リリース!
メンバーのエイジさんの紹介文の中にあった"VESPERA 1st Album『VEX』 境界線上をゆくユーロメロディックパンクの止揚"がもうピッタリな言葉すぎてそれ以上いうことないくらいなのですが、
いわゆるPOST REGIMENT, EL BANDAとかのポーランド女性ボーカルを基軸にしつつも、和テイスト、そしてPUNKという音のジャンルでいえば境界線のギリギリのところまで攻めていて、その攻めている轍のすらVの字になっているのではないかというくらいのVESPERA PUNK!!!
あとは動画とエイジさんの紹介文でナニカを感じて、どこかで購入してください!


~VESPERA/EIJI氏自身によるバンド/メンバーヒストリー的紹介文もどうぞ~
DSBが解散した。16のガキが始めたバンドが20年間RADIACALに走った。
コレからどうする?
人生の半分以上を費やしていたから、ぽっかりとね。小さくない空白ができた。
『ライブは無し。野心も無し。パンクロックのプレイを純に楽しみたい。』って欲求が先ず熾った。
1年で新旧織り交ぜ、各国のパンク50~60曲くらいをカバーした。このリラックスしたセッションの中で新バンドの構想、VESPERAの青写真は形成されていった。
やっぱり「女性ヴォーカル」「メランコリック」「ユーロ」ぶっちゃけ「ポーランドパンク」が好きって再確認だった。
さじ加減間違えたら、救い様も無いくらいクサい音になる危険を孕むジャンルだ。
誰が表現出来るだろうか?

オレには意中のヴォーカルがいた。でもそのヴォーカルの近況など知らない。
MAYUMIという名前。Angelicaというバンドをやっていた。
引っ越しの度に淘汰される音源群にあって、AngelicaのCDRはいつまでもオレの傍から離れなかったのだ。
VESPERAがポーランド語でプレイするならMAYUMIじゃなくてもよかった。様式よりも埋没しないメンバーの自我。『VESPERAはユーロメロディックの中で止揚し日本オリジナルに発展』そんな構想、矛盾だ。前述の危険を孕むジャンル。
それほど近しくもなかった彼女の参加を人伝にとりつける事が出来、VESPERAは始動した。そう、まずMAYUMIのヴォーカルありきだ。
MAYUMIに断られたら、VESPERAという表現体は成り立たない。きっと別のパンクロックを楽しんでいた。
その後、幾多のメンバーチェンジを経て、今作のラインアップであるHAJI、ISAOと合流。
ex.Alliance。HAJIのベースラインだけでどんぶり三杯はいけるだろ? HAJIが音塊の間隙を埋める事で耳の肥えた玄人連中をも唸らせる。
VESPERAのサウンドってギリギリの境界線をゆく事を楽しんでるフシがあるんだ。
東京クラスティーズの夜明け前から長きに渡って轟音を轟かせ活動してきたHAJI。SPIDERSやらSCUM OF TOYTOWNなど、彼のアナザーサイド、メローなエッセンスを硬軟よく織り交ぜることでギリギリの音的境界線上で遊ぶVESPERAの軌道を正してくれる。

CapturedというヒリヒリするよなDistort Thrashバンドにあってもどこか野趣のあるギターのあじ。オリジナルパンクのドライブ感を見抜く。オレが感じてたISAOだ。あの塩梅が欲しかった。けどISAOには裏切られた。いい意味で。空間系、DOPEでダブ、スカ、時にヒステリックなギターなどを爪弾く。ISAOのギターに悪ノリしVESPERAの境界線上での遊びが始まるのだ。
でもISAO自身に確りとしたPUNKのギターが染み付いていているから「VESPERAはPUNK」なんだ。コレ重要。そして断言出来る、VESPERAという表現体がISAOのギターを解放している事を。

そんな4人のメンバーで紡いだVESPERA PUNK。
VESPERA 1st Album『VEX』
境界線上をゆくユーロメロディックパンクの止揚。

変革を始めようぜ。変革を迫られる前に。(VESPERA / EIJI)



THE KNOCKERS - classics : scum collection vol.2 CD 1620yen
b0175411_18173338.jpg

遂に出たぜ!!我らがノッカーズのコレクションCDの二発目!!
お馴染みのあの曲からあの曲までを現メンバーで再録!!
メンバー変わろうがアツシくん率いるノッカーズはやはり昔からノッカーズで、やっぱり最高のバンドなんだなと再確認。
現在二か月にも及ぶ全国全県ツアーを敢行中!これ聞いて会場に足を運ぼう!

1.love&distortion
2.oh,jesus!
3.サタデナイ
4.I'm down
5.jodanjanee
6.アスベスト
7.つかれるぜ
8.焼酎野郎
9.セチガライフ
10.runnaways
11.sora
12.I remember
13.そんなの知るかよ(NAKED YEGGSカバー)

サウンドやメンバーのルックスから、やさぐれたイメージを放っていた時期から
love&distortionでポップに原点回帰するころ。
メンバーチェンジも激しく、バンドにとってはまさに過渡期だった頃の曲達。
そのためか楽曲ごとの曲調のふり幅も大きい。パンクロック、ジャパコア、メロコア、クラスト、スキンズ、サイコビリー、ラスティックなど等ボーダーをひょいひょい超えてあらゆるバンドたちと絡み、過渡期を乗り越えた、何でもありのノッカーズらしい作風ともいえる。ライブで馴染みの曲から、シングルB面的な曲までギンギンにチューンナップされた13曲ノッキンロール大会。vol.1に続いて「一家に一組」と言われるロングセラーになること間違いナシ。




V.A - DO YOU WANNA BE A PUNK ROCKER 7" ep 1080yen
b0175411_18282333.jpg

POGO77発の新しめのバンドを集められた(PISTOL JOKEは活動歴ながいけど)オムニバス!
ASUKA AND THE BUM SERVANTS/RECONSIDERATION/BEER BELLY/ PISTOL JOKE/QUESTIONS AND ANSWERS/F.I.Nが参加!
リバーシブルジャケ、豪華ブックレット、ポスターも付いた豪華仕様。
個人的にはQUESTION AND ANSWERSがドツボ!あなたはどれかな?

すでにレーベル在庫がないみたいなので気になる方はお早めに!

国内で活動する新鋭〜新バンド6組をPOGO77独自のチョイスで集めたオムニバスEPが登場!
収録メンツは、1st EPも同日リリースとなる、初期VICE SQUADやELECTRIC DEADS、THE COMESを思わせるFEMALE VOCAL 82スタイル・ハードコア・パンクで突っ走るASUKA AND THE BUM SERVANTSに、
GAI〜初期THE SWANKY'Sを思わせるノイジー&トラッシー・ナンバーをぶっ放すRECONSIDERATION。
良い意味でスカスカヘロヘロのポップでポゴい(POGO-Oi!)スカヘロ・ポゴ・パンク・ナンバーが耳に残るBEER BELLY。
もはやTHE EXPLOITED(というかALTERNATIVE)やDEMOB(というかThink Straight)すら感じるハードな直球ナンバーをぶつけて来る今話題のQUESTIONS AND ANSWERS。
打って変わってザ・ルースターズ〜VEKTOR路線を思わせるキザい日本語パンク~ロックを披露するF.I.N。
そしてDISORDER直系のポゴ・ノイズ・パンク・ロックで耳を劈く新潟発信のPISTOL JOKEという顔ぶれ。
どのバンドも正規音源としては初となるテンション高いキラー・トラックをブチこんでいて、2015年のパンク・シーン最前線の刺激と衝動がギュンギュンに詰め込まれたネヴァー・エンディング・リピート決定盤だ!まさにスクール・オブ・パンク・ロックなジャケも最高♪

nAo12xu(†13th Moon†)



ASUKA AND THE BUM SERVANTS - s/t 7"ep 864yen
b0175411_1830126.jpg

話題のバンド、ASUKA AND THE BUM SERVANTSの初単独リリース!!
UK 80's発、90年代後半日本経由、2015年東京の居酒屋着なPOGO誘発PUNK5曲入り!!

すでにレーベル在庫がないみたいなので気になる方はお早めに!

2015年1月より活動を開始した、FEMALE VOCAL UK82 STYLE HARDCORE PUNKバンド、ASUKA AND THE BUM SERVANTSの5曲入り1st EPが早くもリリース!EXTINCT GOVERNMENT、TOM&BOOT BOYSの現メンバーに、ex:DISCLAPTIES、ex:BEER BERRYのメンバーが集まったと聞けば当然期待も高まるが、このレコードはあえてそれらの名前を一度忘れてフラットな気持ちで聴くことをオススメしたい。レコードに針を落とすといきなりの轟音でアドレナリンが上がりまくるハードで分厚い音!そこにASUKA嬢の声高VOICEが相まって、UK 80'S初期のVICE SQUADやEXPELLEDやデンマークのELECTRIC DEADS、そして日本のTHE COMESやTHE NURSE辺りが好きな人なら悶絶必至のハードコア・パンク・ナンバー揃いになっている!随所で見られる、サビで男女ツインの掛け合いVoになるパートも、80'sパンクのソレを思わせてニヤニヤが止まらない(5曲というのもあの頃のEPを思わせてイイんだよね)!全世界のパンクスよ、このサウンドでPOGO出来なきゃ何聴いてPOGOるんだ!?
nAo12xu(†13th Moon†)

[PR]

by voxpopuli | 2015-09-19 18:34 | 雑記 | Comments(0)
2015年 09月 10日

ザッキ!最近のつるやはイマイチだけど岡山駅前のソレは最高!

■なかなか充実した週末を過ごせたかなと。

10年ぶりくらい?に津山線の汽車に乗ってみたり。
小坂くんやオーストラリア人と呑んだり。
岡山駅前で最高の呑み屋を発見したり。
グラインドフリークス岡山編に参加したり。
6年ぶりくらい?に大阪行きのバスに乗ってみたり。
遊びに来てたウォレン(S.H.I.T/CANADA)カップルとイナさんといつもの立ち飲み屋行ったり。
パンクカーニバル大阪編を体感したり。
BAR混沌でみんなと呑んだり。
PUNK AND DESTROYで曲作ったり。
KKG達と共にミナミくんとサカちゃん(ZYANOSE)に西成らへんを案内してもらったり。
EU'S ARSEな呑み屋が閉まってたので、CRUDESSな立ち飲み屋に行ったり。
サカちゃんが「もう一軒だけ行こう」とダダこねたり。
サザとウォレンとサカちゃんと立ち飲み屋行ったり。
サカちゃんが「もう一軒だけ行こう」とダダこねたり。

まあとにかく楽しく過ごせました。
遊んでくれたみなさんありがとう!


■次のSKIZOPHRENIAのライブはこれ!!
久々の大阪!一年以上?ぶりかな?
よろしくお願いします!

b0175411_226365.jpg



■今更感まるだしヨーロッパツアーレポートをようやくさらけ出しおえた。暇つぶしにはなったでしょうか?
"HOW TO 海外ツアー"みたいな概念君はなし!

親友であるベファちゃんとその友達の多大なる協力のおかげで成り立ったであろうツアーでした。
そしてそれが成り立つNETWORK OF FRIENDSっつうの?それは素晴らしいなと読み返してて再確認。

来年に前回行けれなかった国を襲撃しよう!とチケットは確保、数カ国を除いてはこれからサポートしてくれる人を探さなきゃなんで、またNETWORKなんとかを再確認することでしょう!

読んでくれたり、感想メールくれた皆様ありがとうございました!



■思い出のフライヤー
b0175411_08303352.jpg

合掌!




[PR]

by voxpopuli | 2015-09-10 08:31 | 雑記 | Comments(0)
2015年 09月 09日

SKIZOPHRENIA/1981 EUROツアー レポート4

12月31日 バルセロナ/スペイン

起床してまったり。
ヨシオが1日の朝にはバルセロナ市内から空港に向かうので時間確認。。。あれ??これ、2日に変更なってね??
というわけで、結局僕たちと同じ便に。いいね!

この日はベファのお母さんの誕生日らしくバルセロナに向かう前に両親の住む家へ。
ベファと両親が仲良しなのは知ってたけど誕生日にワザワザプレゼント持参に会いに行くだなんて微笑ましい。
僕も以前ベファのお父さんからワインを頂いてたこともあり、日本から持参してた急須を渡す。二日前にちょうどティーポットを壊したらしくメチャクチャ喜んでくれた。

さて本日はバルセロナ!!
移動途中に馬鹿でかい昔の水橋?みたいなんを堪能しつつ、7時間くらいのドライブ!!

フライヤーに書いてあるスタート時間は22:30だけど着いたのが22:00。そこから機材を運んで用意するわけだからちょっと遅刻かなと思ったけど、まったく問題ないとのこと。

着いたのはビルのスクアット。鉄の扉を開けると中にはパンクスだらけ。犬もたくさん。
天井もばか高くメチャクチャ広い。
この日の企画者である、地元サンテティエンヌのメンバーと遠距離でKOENIGSTAIN YOUTHっていうバンドをやってるトラッシュとDISCOS ENFERMOS RECORDSのINTIに挨拶。

今日のライブ会場はビルの一番奥にある広い部屋。
もともとは手前にある200人は余裕で入れるであろうスペースでライブをやってたみたいだけど、今日は人がたくさんきそうだからってことで一週間前にステージを作ったらしい。

この日はいろんな知った顔に会えた。フランスから日本に来て住んでたマックス。LA VIDA ES UN MUSのパコ。
スウェーデンのハードコアバンド、INFERNOHのパンチョもわざわざスウェーデンから来たみたい。オーストラリアから来てたPUNKSも。

年が変わるころにはかなりの人、年明けのカウントダウンみたいなのはないし、みんなそんなに気にしてなさそうだけど、ハッピーニューイヤーって言葉をよく発するようになったころライブスタート。

一番目は名前は知らないけどすごいテクニックでバイオリンを弾いてみたり、ギターのように掻き鳴らしながら歌いあげるソロ。
そして続いて、フランスからLITOVSK。いわゆるポストパンクと呼ばれるような音のバンドだけどかなり渋くかっこよかった。BLITZのNEW AGEのカバーもバッチリ決まってた!
フィンランドのESCAPISTも同様にポストパンクスタイルで同様にかっこよし!

続いて1981!踊り狂う人達!みんなテンション高し!
出る予定だったCOPS BBQはなぜかキャンセルになり、午前三時半くらいにSKIZOPHRENIAの出番。
これが凄かった。。今までで一番狂ってたライブ。
ステージの上グチャグチャ、前三本のマイクはないわ、ケーブル切れまくってるわ。
最終的にはドラムセットのマイクもほぼ全て使いきりライブ終了!アンコールの声もたくさん。
聞けば500人くらいいたみたい。すげーなおい。

ライブ終了後はみんな各自好き勝手騒いだり泥酔?して寝てたり。。
たくさんの人が話しかけてくれた。「明日も行くぜ!!」と言ってくれてる人もたくさん。
そう!急遽次の日もライブをすることになったのだ。

シークレットライブをやりたいんだけどどうかな?と言われたのが日本出発前日。
ヨシオがいないからなーと断る方向で考えてたけど、ヨシオ飛行機も変更なってたし結果オーライ!

夜明け前に寝床へ移動。テンションのおかしな1981ヤンネとスキゾチームで移動!
本日の寝床はこれまた別のスクアット。ゲストルームのベッドで就寝!即寝!

b0175411_2337729.jpg

b0175411_23374790.jpg

b0175411_23395031.jpg

b0175411_23381584.jpg

b0175411_23385918.jpg



1月1日 バルセロナ/スペイン

昼過ぎに起きてベファと共にスクアットの屋上へ。
バルセロナの街が一望できる素晴らしい場所。絶景! すぐ後ろはすげー有名な公園らしく、観光客がたくさん。
こんな場所に空きビルがあり不法占拠できちゃうのか。。

バルセロナの街をブラブラ。寝床スクアットのすぐ近くの公園をぶらぶらしたり、サクラダファミリアの真ん前でパエリアを食べてビールをたしなむ。
あーこんなこともツアー中にできるとは思ってなかった。

日が暮れ出したころにスクアットに戻り準備してライブ会場へ!
急遽決まったこの日のライブは、バルセロナから少し離れた街マドリードで警察にテロリスト扱いされて不当逮捕されたパンクスへの援護資金調達ベネフィットライブ。
「すべてのギグマネーは友達のために使うけどいいか?」「もちろん!少しでも手助けできて光栄!」

会場につくと前日とは違い綺麗な建物。
ユースセンターという部類の建物らしく、一番奥がライブもできるようになってる。

この日も1981とSKIZOPHRENIAのみ。
1981の感動的なライブの次が僕たち。
いよいよ今回のツアーの最後かー!と感慨深くなるというのも対してなく、とにかくやるのみである。昨日の混沌ライブよりは遥かにまともに演奏ができ悔いも残らず終了!!

全てを片付けた後に二階のキッチンがあるスペースにてカレーを食べさせてもらう。
キッチンで食べたり呑んだり、シェフヤウルがチャラけて見せたりしたあとに物販整理したりして片付け。
本日の寝床は1981全員と別々なのでここで1981メンバーとはお別れ。
またすぐにでもどこかで会うだろうからそんなに名残り惜しくはない。

じゃあな!次は北欧だな!とお別れ!


昨夜と同じスクアットで就寝!!



早朝に起きて空港へ。
ベファともお別れ!!全てにおいて大感謝!!

二回の乗り換えをこなし難なく関空に到着。
の予定が、エアチャイナの不具合によりヨシオのみ北京空港にて8時間取り残されるというアクシデントが最後に待ち構えてましたとさ。

----------------------------------------------------------------------


終わってみればあっという間の出来事。今回受けた刺激はこれからの生活に少なからず影響されていくでしょう。
スクアットとかもそうだけど、自由だなーと思うことは日本に比べてたくさんあるけど、日本での生活はなんだかんだで好きだし、
SKIZOPHRENIAやVOX POPULIを通していろいろ発信していけたらなと思わされました。
何よりもネットワークオブフレンドを目の当たりにして、遠く離れた僕たちをたくさんの人がサポートしてくれて大感動!!

なにが成功かだなんてわからないけど、各地のシーンを少しでも触れることができ、新たな出会いもあり、遠く離れた島国に暮らす僕たちのPUNK MUSICを見せれたというのだけで大成功!!

SKIZOPHRENIAはずっとやり続けるだろうから、今回行けれなかった場所はいずれそのうち。
長年かかってもいいから自分たちなりのPUNK LIFEで世界各地に行けたらなと。いや、行く。


SEE YOU IN RAW PUNK HELL!!

b0175411_23403290.jpg

b0175411_23411412.jpg

b0175411_23413910.jpg

b0175411_23421956.jpg

[PR]

by voxpopuli | 2015-09-09 10:26 | 雑記 | Comments(0)
2015年 09月 04日

SKIZOPHRENIA/1981 EUROツアー レポート3

12月29日 バーゼル/スイス

起床!!WIFI使えるんで堪能してたら、朝食の用意ができたぞ!ってなもんで普段はライブやってる部屋へ。
普段はBARカウンターとして使われてるところにパンやらジャムが置かれてていただく。
うまい。ありがたや。。。

スイスのバーゼルに向けて出発!!
雪はある!が、ノーニードスノータイヤだ!と向かう。7時間のドライビング。
道中、ベファとはいろいろ会話。ヨーロッパのパンクシーンとか。くだらない話とか。生活の話とか。
僕の英語は中学生レベルだけど、ベファはそれを考慮したわかりやすい英語でしゃべってくれるし、付き合いも短くはないので喋りやすい。
毎日、どんな人がどういった経緯で企画してくれてっていうのをいちいち質問。
この日ライブするスイスは通貨も違うし、クレイジーな場所だという話。

この日のバーゼルにはトレイラーハウスのスクアットみたいなんがあってそこが凄いというのは、以前ZYANOSEでヨーロッパツアーをやったトヨカツくんから聞いてたのでそこでやれるのを楽しみにしていたけどまた違う場所だとのこと。着いた場所はオシャレな劇場。

企画者のガスペルとビリに挨拶。ライブ会場は併設されてるBARとかではなく、だだっ広い劇とかやるような場所。
そこの真ん中にどん!と置かれたステージに機材を持ち込む!!どこの場所もそうだったけどマイク、スピーカー類はあるけど、ここも劇場なのでもちろんある。そしてライトがやたら豪華。スモークなんかもある。
PAは普段劇のときにPAしてるプロの人。スモークやら豪華なライトのテストもしててやる気満々。
スタッフも結構いてセッティングやらなんやら。

ご飯できたぞー!と、ここでも食事をいただく。パスタ。うまし!!
夜9時くらいに人が集まってくる。日本のバンドのレコードのepを何枚か持って行ってたけどどの場所でも売れ行き好調。何枚かの中古レコードも含め値段も安めに設定していて楽しんでみてくれてる様子。
この日本レコードDISTROコーナーが好評!「どんなバンド?」と聞かれることもしばしば。日本のパンクスが思ってる以上に日本のバンドは知られてない印象。

1981からライブスタート。豪華な照明で見る彼らもまた格別!
SKIZOPHRENIAも豪華な照明は似合わないけど発散しつつ楽しんだのでよし!

ライブ終了後、会場はDISCOと化す。みんな踊ってるけど、一旦その場から移動。
外に出ると劇場絡みのおばちゃんとヨシオが話しして「グッドショウだったわよ!写真撮りましょ!」と一緒に写真をパシャリ。こういうの嬉しいなー。

NAZKAというバンドをやってるGRIMとその友達にワインをいただきながらPUNK MUSIC話に花を咲かせる。日本のバンドが大好きみたいで、SKIZOPHRENIAも好きで楽しみにしてくれたとのこと。
どこの国もそうだったけど日本のバンド好きで熱心に聴いてる人以外はSKIZOPHRENIAのことは知らない人が多い。

DISCOと化してる会場に戻ると案の定ヤウル大フィーバー!カモーンカモーンうるさい!笑

ところで今回の劇場では初めてのPUNKのライブだったみたい。スタッフの人も全く煙たがることない。
ライブしにきてくれてありがとう!楽しかったよ!と感謝の言葉。
そしてビックリしたのはこの日の劇場でのライブの箱代は無料。なんてこった!!
寝床も劇場の地下にマットをひいてくれてるし、シャワーもあってすげー快適!

DISCOと化してる場所でSKA MUSICを楽しみつつ、ヤウルやらと共にワイワイやってたらソファーで寝落ち。。。

b0175411_2210317.jpg


b0175411_2227613.jpg


b0175411_2229506.jpg


b0175411_22273154.jpg


b0175411_711572.jpg



12月30日 サンテティエンヌ

本日はベファの地元、フランスはサンテティエンヌでライブ!!
早めに出発して四時間くらいのドライブ。
サッカーが有名な街みたいでサッカー好きな人はなんかの店に立ち寄ったあとにベファの家に到着!!すげー広い!ベファの彼女のエミちゃんお久しぶり!
ピザを注文してくれてて頂く!美味!!

ライブまで時間があるのでスキゾメンバーで街をぶらぶら。
街のいろんなところに僕らが出るライブフライヤーが貼ってある!"Facebookとかでは告知は好きでないからしないけど街中での告知は怠らないぜ!"とは企画者のベファ談。
もちろん勝手に貼ってるので剥がされるからその都度誰かが貼るらしい。
途中ベファにばったり会って軽く街を案内してもらう。
友達のやってるBARで呑む。オシャレなBARにベファのリリースがたくさん置いてある。
"ep持ってるけどMARTINIが好きなの?"って聞かれてよく聞いてみると2nd EPのジャケに載ってる墓の名前がそれと似ているだけの話だったけど、そういうことにすることにした。

8時ごろにライブ会場へ。
今回の会場は30人で月にいくらか出し合って借りてる場所らしい。
広いしキッチンはもちろんトレーニングルームもある。
STATE POISONのメンバーとも再会。スクビッチがビールを売る係。
オススメビールをいろいろ頂いていたら食事ができたぞ!と台所へ。バイキング形式でサラダやらケーキやらも。この食事が今回のツアーのベストフードだった!
サマンサとかいう三角のやつ。今すぐまた食べたいくらいメチャクチャ美味。

会場をウロウロしたり、DJ TAMAGOTIと化したりする。
DISTROも3つくらい出てて漁る。値段は、円安を加味しても少し安めといった感じ。

LA CREVEという女の子ボーカルの地元バンド、まだ結成して間もないらしいけど、初期衝動みたいなのを感じれてニヤリ。
COSPIRAZIONEはイタリアのバンド。ファストなハードコア!気さくなメンバー!ギターがミラノでPAしてた人!
1981は今宵もよし!!SKIZOPHRENIAは器材トラブルがあったけどぶちかませたからヨシ!!

SKIZOPHRENIAの2nd EPのヨーロッパ盤を出してくれたべファの地元だったこともあり、SKIZOPHRENIAのこと知ってる人も結構いた印象。

軽く会場で呑んで、片付けをする。
会場でまだ呑みたい気もしたけど、運転しっぱなしのベファを休ませるためにも、ベファ宅で少し呑み直しておやすみなさい!!

b0175411_6573459.jpg


b0175411_22315025.jpg


b0175411_6591096.jpg


b0175411_2231151.jpg


b0175411_6581372.jpg


b0175411_714595.jpg

[PR]

by voxpopuli | 2015-09-04 10:14 | 雑記 | Comments(0)
2015年 09月 03日

ザッキ!今週金曜日土曜日は岡山ママ1へ!

■秋がきた!パンクの季節だ!!
革ジャンがどうとかそういうことではなくて。

さて、急にはじまった今更感丸出しのツアーレポート。
how to ツアーみたいな感じもなく、お蔵入りを回避しただけなのですが暇つぶしになれば幸いです。

ちなみにもう少しまとめて更新するつもりだったのに小出しにしてる感じなのは、下書きのつもりが間違えて投稿してしまったのだ。



■BLACKHOLE小坂くんが企画するツアーが本日からスタートするみたい。明日は岡山ママ1にてショウキチ企画。
b0175411_20000011.jpg


以前対バンしてかっこよかったd/i/s/c/o/sも出るし小坂くんは近所の中華料理屋の店長も惚れ込むナイスガイなので汽車に揺られて遊びにいこうかな。



■そして次の日のグラインドフリーク岡山もよろしくお願いします!
b0175411_20000031.jpg



boyもくるぜ!
b0175411_20000018.jpg



■ではまた
b0175411_20000113.jpg



[PR]

by voxpopuli | 2015-09-03 20:16 | Comments(0)
2015年 09月 02日

SKIZOPHRENIA/1981 EUROツアー レポート2

12月28日 ミュンヘン/ドイツ

起床!!
BARになってた台所がある離れ小屋に行ってみると1981のヤウルとアンティとスクアットのおじさん(推定60歳、イタリア語しか話せない)がいてコーヒーをご馳走になる。
外国によくありそうなサッカーゲーム(横の棒をグルグルまわすやつ。みんな好きなのかほとんどの会場、スクアットにあった。そしてみんなメチャクチャうまい)をやっているとおじさんも参加。
メチャクチャうまい。しばらくするとヤウルが反則したらしくおじさんムキになってイタリア語で説明。が、まったくわからない!
その流れでいろいろどなり散らした口調で言ってるが全くわからない!!

車を動かせ!って言ってそうだなというのを想像できたので車で寝てたベファを起こす。
イタリア語が少しわかるベファとおじさんが少し口論になって後味悪いなー!なんなんだこいつは!
と思ってたけど最後は笑顔でグラッチェ!チャオ!と握手してお別れ!
サンキュー!ファッキュー!!とクラクションを多めにならして会場を後に!終わりよければすべてよし!


の予定が、高速道路に乗って休憩した後に、忘れ物(スキゾのボーカル)をしたのに気付き、スクアットまで取りに行き、
門の前でさっきのおじさんと「開けない」「開けてくれ」「あのクラクションはなんだ」「ごめん開けて」の押し問答をする羽目に。。。

気を取り直して、ドイツはミュンヘンに向けてレッツゴー!
移動はバカでかいバンと普通乗用車の二台。
どちらもベファが友達から借りてきたもの。バンはベファ運転、乗用車は1981のメンバーが運転。

移動中の景色がイチイチ素晴らしい。
心配してた雪はバッチリ降ってて、たまに吹雪いたりもしてるがパウダースノーとやらでそんなに積もってはない。
我らのツアー車もスノータイヤでバッチリ!!!、、ではなくノーマルタイヤ。。
ベファも「ノーニード スノータイヤ!」とかいいながら笑ってたけど、おい、大丈夫か??!!
雪の影響もありトータル8時間くらいで到着!!

この日のライブ場所はミュンヘンの中心部からも近いkafe maratという場所。名前的にオシャレなカフェかと思えば外観は落書きだらけ、中に入るとすげー広い。あースクアットとやらですね。
が、今回のスクアットは不法ではないとのこと。ドイツは第二次大戦中に兵隊用の建物をたくさん建てたけど敗戦後空きビルがたくさんでき、そこに住み着いた人に数年後提供したとのこと。なんてこった。

企画者のミシェルにも挨拶。すげー気さくなやつ。
物販やら機材を運び用意する。海外のライブはツアーバンドが機材を全て用意するのは普通のことらしい。
今回の機材はドラムセットがベファのもの。他の機材も全てベファの友達から借りてきたもの。1981とともにワイワイいいながらステージと物販の用意。

ビール飲むか?とビール頂く。ヨーロッパでのツアーはビールと食事は提供されるのが普通らしい。
どんどん呑みたいしもらってばかりでは気がひけるので会場のお酒コーナーにいる人に二本目からお金を払おうとするも
「え?ツアーバンドの人だろ?いらないよ」と、なにいってんのおまえ?みたいな対応。
食事も用意できたみたいで頂く。すげーお腹空いてたのだ。

食べてたら見覚えのある顔が声かけてくれた。日本で数回会ってるRUIDOSA INDUNMUCIAのゲオルグとカロ!!オーストリアから7時間かけて車で来てくれたみたいだ。
彼らも今回のツアーでいろいろアドバイスくれてたのだ。感謝。。

極寒の中、どんどん人が集まってライブスタート!
この日は1981と2バンドのみ。。ヨーロッパでのツアーではこういうこともたまにあるみたいけど、地元のバンド見たかったな。。。
1981のライブが大盛況で終わり、僕たちの出番。
日本とは違い、僕らの曲も知らない人ばかりが集まってるライブで俄然やる気でる。

ライブ終了!!

1981もSKIZOPHRENIAも物販が好調。EPが調子よく売れ、僕らの持ってる在庫ほとんど持ってきたのに残り一枚になる。。。
本当は新たな音源を作るべきだったのだろうけど、、、まあ仕方ない。。。次回の課題。

たくさんの人が「よかったぜ!!」と話しかけてくれる。素直にうれしい。
客層はみるからにパンクな人もいれば、ドレッドの黒人、綺麗なお姉さんもいてごちゃ混ぜ。まあどこも同じか。

「おれはここに住んでて普段OASISとか聞くけどすごいよかったぜ!」って言う人もいてニヤリ。
そういえば楽屋となってる部屋にいた明らかにヤンチャそうな若者とそのボスっぽい男がいて、ライブ云々よりこの建物によくたまってるといった感じ。
少し話ししたけどワルでした笑


今夜の寝床はライブ場所ではない、すなわちそれは今日中に全てを片付けなきゃならない!ってことで機材のお片付け。
日本とは違い打ち上げといったものはなく、適当なところでサヨウナラ!お世話になりまりました!

本日の寝床提供者へルベットと初めまして!
車を10分くらい走らせて町外れに。
着いたのはライブもできる施設。元ドイツ軍の病院だった場所だとか。ここも現在は国から提供されてるもの。
ビール倉庫みたいな部屋に山積みにされてるビールからオススメのビールを頂く。
アダムスファミリーに出てきそうなヘルベットの部屋やら建物内を案内してもらいながらどんどんお酒がすすみいろいろな種類のビールを頂く。ドイツっぽい。
眠さの限界が来たので、寝床となってる楽屋のソファーでお休みなさい!

b0175411_1941910.jpg


b0175411_19502571.jpg


b0175411_19453462.jpg


b0175411_1946222.jpg


b0175411_19465665.jpg


b0175411_19495262.jpg

[PR]

by voxpopuli | 2015-09-02 21:17 | 雑記 | Comments(0)
2015年 09月 01日

SKIZOPHRENIA/1981 EUROツアー レポート1

2014年末に行われたSKIZOPHRENIAと1981のツアーレポート!!
貴重な体験ができたし、人のツアーレポートを読むのが好きなだから、これをPUNK界隈のZINEなどの媒体に載せてもらうなり、自分でZINEを作るなりしようと思い、それなりに早く書き終えてたけど、すったもんだ(怠け者の僕の性格)でお蔵入りに。。

がしかし、せっかく書いたのだから、そこらじゅうに漂う"今更感"を見て見ぬふりでお披露目!!
暇つぶしになれば幸いです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------

自分がボーカルとして在籍しているSKIZOPHRENIAも結成してもうすぐ10年がたつみたいで、その間にさまざまなバンドと一緒に交流してきたわけですが、
僕たちの住む田舎町の岡山県津山市にもたくさんの海外バンドがライブをしにくるわけで。
そこで共演したバンドメンバーが僕たちのこと気に入ってくれて「こっちにライブしに来ないか!?サポートするぜ!」とありがたい言葉を頂くこともチラホラ。

以前、アメリカはテキサスで行われてたPUNK界隈では名の知れた大イベント「CHAOS IN TEJAS」には出演し、
それはお祭り騒ぎのイベントで楽しく刺激的な思いをさせてもらったのですが、ヨーロッパもSKIZOPHRENIAでいきたいなと。


よし!年末にヨーロッパツアーに行こう!
そう決めたのは2014年5月くらいだったか?

とりあえず「ヨーロッパいつくるんだ?いつでも動くぜ!」と数か月に一回言ってきてくれてて、
SKIZOPHRENIAの2nd EPをヨーロッパでリリースしてくれてる親友のベファちゃん(STATE POISON)に連絡!

向こうに任せっきりなのも嫌だったので、こちらの要望とあちらの意見をぶつけあったり、他の友人にも相談したりでどの辺りに行くかを固めていく。
今回はヨーロッパの南の方だけ行くことに決定!

その後、2014年6月にフィンランドの哀愁アナーコパンクバンド1981が日本にきて一緒にツアーしてるときに年末にヨーロッパに行くということを告げると、
"一緒にできたら最高だな"という話になる。よしよし。

が、7月、問題発生!!SKIZOPHRENIAドラムのウシロダが抜けることに!!

ベファから「おれが叩くぜ!」とか海外の友人から「ベファに叩いてもらえばいいのに飛行機代もかからないぜ!」とか呑気な事を言われたけど、練習もできないし流石にそれはきついぞ!

メンバーと相談!みんな行く気満々なのでヘルプメンバーを探して行くことに。
さて、誰がいる?スキゾの事が好きで、行動力があり、ドタバタなドラムを叩くやつ。。。あいつだ!と連絡。
まさかの「あ、はい。行きます!」と即答。やっぱりこいつはバカだな笑
というわけで、名古屋のKILLERPASSのカズキをサポートドラムとしてゲットできた私達。
いくぜ!ヨーロッパの南の方!


27日 ミラノ

起床!起きたその場所は関西国際空港内のホテル。が入ってるビルの一階の隅っこのほうで。
朝早くの便なので前日空港まで車で送ってもらって来ていたのだ。

起床して搭乗手続き。なんと大阪のCENTIPEDEの櫻井さん夫婦が見送りにきてくれた!!
お菓子詰め合わせ弁当(これがツアー中にツマミに最適だった)を受け取り、行ってきます!
関空から北京乗り換えミラノ行き。
わりとスムーズに乗り換えて所要時間17時間!酒呑んで寝てたので特筆することは特になし!

午後6時半ミラノ到着!!
お金儲けのために行ってるツアーではないにしてもバンドツアーで海外に来ていることがばれると入国拒否されてしまうので、
楽器や、Tシャツ等の物販の、バンドでの入国を匂わすものは事前に日本から郵便で送ってあるけど入国審査はやはり少しドキドキ。
万が一入れなかったら全てが水の泡だ。。。

そんな想いとは裏腹にパスポートにハンコを押すのみの作業で難なく入国!!
きたぜ!ヨーロッパ!!
迎えにきてくれるベファちゃん達はちょっと遅れるみたいなので、タクシーで会場までGO!

会場は街の外れにあるスクアットってやつ。元々は学校っぽい建物。
このスクアットってやつは誰も住んでない空き建物を占拠してるもの。
日本では考えられないけど、そんなことがどうにかできてしまうのだ。

この日のオーガナイザーでもあるミラノのパンクバンド、カラシニコフのSTIOPAと挨拶。スクアットを軽く案内してもらう。
まあ、すげーなって思う。異次元だ。こんなことができてしまうだなんて。電気も水道も勝手に引っ張ってきてる。
まず、建物の周辺の道路は50台以上路駐しまくりなのも日本では考えられない。

BARと食事するスペースがある離れの小屋もあり、メインの建物の端がライブスペースになってて、各場所にスタッフみたいな人がいる。
そこで働いててお金を得てるとかではないみたい。楽しみながら手伝ってるといった感じ。

離れ小屋でペンネパスタをいただく。美味。
ドリンク無料チケットも何枚かもらう。至れり尽くせり。
ベファと1981メンバーとも再会!ツアーメイトよ!これから数日よろしく!

この日はカラシニコフのメンバーとその周辺の企画。
楽しみにしてたのでFacebook上に作成されたイベントページをちょろちょろ覗いてたけどそこで書かれてた情報だと僕らはトリ。出番は25時からの予定。

この日のライブはステージライブ、フロアライブを交代でやるスタイル。
FIELEという3ピースで前二人が女の子のバンドにニヤリとしてたら、続いてステージにてKONTATTO。
もともとこの日のライブは彼らの地元であるボローニャで彼らに企画してもらう話で進めようとしてたけど、
季節的にも(冬休みで学生がいないのと雪)ミラノの方がベターということでカラシニコフとその仲間の企画になったのであった。
このKONTATTO、前から知ってたバンドだし見るのを楽しみにしてたバンド!

が、しかし急遽?KONTATTOの次がSKIZOPHRENIAに変更したみたいでアタフタ。
フロアライブなのも、トリじゃないのも大歓迎だけどもう少し早く教えてくれ。。。

マイクは?3本!あれ?ドラムの椅子がねーぞ!うわ!ギターアンプ音でねー!
とかいってたらKONTATTOも終わったところで(そういえばWRETCHEDのベースの人がベースひいてWRETCHEDのカバーしてた)なんとか用意もできてスキゾスタート。
カズキサポートによるドラムでの初ライブ!
それなりに感慨深い気持ちになると思ったけどいつも通り。
自分のライブは僕たちが楽しみながらどれだけブチかませるかどうかが重要だと思ってるのですが、楽しめたのでよし。
ライブ後、「すげーよかったぜ!」とか言われたり、音源を買い求める人がたくさん声かけて来てくれたので反応もよかったはず。


ストリートパンク臭とクラストの狭間のような音の、悪くはないが長すぎるバンドがライブを披露したあとの1981!
この1981は大好きすぎて、日本に呼んだバンドなので、わかっちゃいたが感動。。お客さんはスキゾの時と同様で、曲を知らないけど途中からテンションどんどん上がっていく感じ、
最終的には前のほうでモッシュサークルというか、肩に手をおいて繋がった愉快な大人のサークルが廻ってて楽しそう。
アンコールもありREALITY/NIGHTMAREでダイブの嵐で終了。。

最後はカラシニコフ!地元ということもあり超!大盛り上がり!!基本的にみんな大合唱!!そりゃそうだなーと思わされる最高なライブ!!
まだまだやれ!という意味を込めてか?のアルプス一万尺の大合唱の中ライブ終了!!午前3時半!!

まだまだみんな元気!!スクアット内で売ってたアルコール類は底をついたけどみんなBARスペースでワイワイしてる。
ウロウロしてたら「ビールいる?いるなら買ってくるぜ!」と話かけてくれたPUNKSもいたりで遠慮なくいただく。

四時過ぎに寝る部屋となってるナンバー4の部屋へ。ベッドが敷き詰められててデカイガスストーブも用意されてる。
こりゃいいやと就寝!!  が、実際にはあまり意味なくくそ寒くてあまり寝れず。。。

b0175411_10394832.jpg


b0175411_10334037.jpg


b0175411_1036490.jpg


b0175411_10344773.jpg


b0175411_10352293.jpg


b0175411_10371735.jpg

[PR]

by voxpopuli | 2015-09-01 10:40 | 雑記 | Comments(0)
2015年 09月 01日

ザッキ!パイナヤイネンパイナヤイネン!

■土日は新潟へ。
久々にいったけど久々感もなく、新潟パンクスの皆様にも会えて、一緒に呑めてご満悦でした。
呼んでくれたSOLPAATOSやそのファミリー、泊めてくれたデンカくん、出演バンドのみなさん、鷲尾さんとwoddyスタッフ、福島やら仙台やら東京から駆けつけてくれた人とか、皆様ありがとうございます。

ライブ以外の写真をいつもより撮ってたので振り返る。


ぽんしゅ館。
b0175411_10224785.jpg



利き酒
b0175411_10224788.jpg



ラーメン
b0175411_10224827.jpg



打ち上げ
b0175411_10224807.jpg



打ち上げ終了
b0175411_10224965.jpg




ショル兄とその背中
b0175411_10224923.jpg



デンカくんの魂の叫び!
b0175411_10224946.jpg



あ、このNECKEDの無料配布デモ、ほんの少し余分に頂いたので気になる人は通販ついでにどうぞ。



■"あべとかいうしみたれご"とその周辺がムカつくので8月30日の東京行きたかったけど行けれなかったのでその代わりANTI WAR!とライブハウスと叫ぶ行為が、世の中を動かす可能性はほぼゼロで、単なる自慰行為だとしてもそれは決してやめれないのだ。






■ヨシヲが革ジャンとトレード希望したこれでお別れ!

[PR]

by voxpopuli | 2015-09-01 10:30 | 雑記 | Comments(0)