VOX POPULI

vopo.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 07日

入荷!VENDETTA & 悲観レーベルオムニバス!!

■VENDETTA - S/t ep 800yen
b0175411_951113.jpg

き、きたーー!!
INTRUDERS解散後にBASSのコダマ君、DRUMのアキラ君がすぐさま活動を開始し、
現在18歳、UK80'S PUNKを中心とした音楽話に目をギラギラ輝かすド派手モヒカンパンクス"ワカケン"をギターボーカルに迎えたVENDETTAの自主制作1st ep!!!
まあこれが内容はもちろんのこと、アートワークやら紙質やらまで細部に拘りまくったセンスが溢れている一枚!


ミスターパンク天国2のヤマダナオヒロ氏のコメントをどうぞ!

----------------------------------------------------------------------------------
真冬の寒さにブルッブル震えながら、穴の空いたTシャツと風通しまくりのモヘアセーター(モチのロンでポリエステル混合の安っいヤツ)、そしてくたびれまくったヨレヨレの革ジャンでキメながらビール片手に今日もあしげくライヴハウスへ通っている全国のRAW HARDCORE PUNKアディクトな鋲ジャン・パンクスにHOTな朗報!
東京発信で日本各地のアンダーグラウンド・パンク・シーンを騒がせている、文字通りのレベル・ユースによるビート・ザ・システムでヤング・ラッドなパンクス3羽ガラスの集合体、*VENDETTA*(ヴェンデッタとは「抗争」の意)が、このたび年明け早々の2012年1月7日に、自主レーベルのVendetta Musicより待望の4曲入り1st EP『Vendetta』をドロップするのだ!
 ご存知の方も多いだろうが、ここでメンバーをイントルー・・・じゃなくてイントロデュースしよう。まずはフロントマンとして現役高校生である若干18歳にしてギンギンのカラフル・モホーク・パンクスKURO(Vo)と、そして元INTRUDERSの「パンク界のイチロー」的ストイック・パンクスECHO The Small Nuts(B、aka コダマ君、ECHO=木魂=コダマね)、と同じく元INTRUDERSのイケメン・ハードビート・ドラマーAKIRAの3人揃って、コレこそが"VENDETTA"である。KUROによる日本語英語ミックスの若さと衝動と反抗丸出しのガムシャラ・パンク・リリックと、それを支えるECHOとAKIRAによるロウでアグレッシヴなリズム隊演奏で各地のライヴ・ハウスを熱狂させてきた彼らだが、このEPにはその熱と気合、そして80'sハードコアを心底愛する者のツボを突きまくるナイスなセンスにみち満ち溢れてるのだからタマラナイ!
 何がってもう1曲目"Who Kill..."の出だしの(めっちゃチューニング下げた)スネアの「ダッダッダッダッ」でいきなりチビッたね!そこからもドッパドッパ・ドラムにギュンギュン・マシンガン乱射型ベースで一気に突っ走るプリミティヴなハードコア・パンク・サウンドに、アタック・パンク度をマックスに引き上げる掛け合いコーラス!これが絡めばもう文句ナシに「ちわきまゆみ」ならぬ「血沸き肉踊る」ってもんだ。わかりやすくイマジネーション高めるように形容すれば、まるで初めてUPROARやTHE FITSを聴いたときの衝撃、そしてBeat The Systemレーベルのコンピ『Total Anarchy』に入っててもおかしくないロウっぷりで最高!ってコトである。しかしUKテイストだけではなく、そこにパッと聴きでは日本語には聞こえないケタタマ日本語リリックが乗ることで彼らの独特な個性が存在してるのだ。また、2曲目"Riot Squad"に顕著な、8ビート+単音弾きの哀愁ギターなセンスも、個人的にはハッとしてグーな感じで大好きだ(けっこうギターは全般的に哀愁だね!)。このまま行くと続くラストまでテンション上げっぱなしの"Dance"と"Vendetta”(曲名とバンド名が同じとことかツボすぎるっての!)も細かく解説してしまいそうだが、まぁあくまで百聞は一見にしかずなので、とにかく自身の耳にこの4曲を叩き込んで感じ取って欲しい。ここには、今あるくだらない現実をムシャクシャにして新たな行動を起こすにはもってこいの衝動が、アッという間の6分半にギュン詰まりしてるぞ!
 ってなワケで、とにかく"VENDETTA"のEPを聴かなきゃ熱く楽しい2012年を迎えられないぜ!そして見事にGETしたキミは、歌詞カードを見ながらサビを覚えてこのギグにLet's Go Let's Go!!

2012/1/14(sat)
『Punk Future vol.10』
Release gig at ANTIKNOCK
OPEN16:00 START16:30
adv.1700 door.2000

出演
・VENDETTA
・馬鹿衆(沖縄)
・PISTOL JOKE(新潟)
・CRUCIALSECTION
・LIFE
・ROUGH STUFF
・ISTERISMO
・AVFALL



■V.A - 悲観レーベルオムニバス vol.1
b0175411_10143430.jpg

悲鳴のドラム、ツトム君がやってる"悲観レーベル"からリリースされたオムニバス、その名も"悲観レーベルオムニバス"!!
タイトルとジャケットとからも昭和の臭いがプンプンするのですが、収録されてるバンドも昭和臭プンプン!!
首謀者がドラムを叩く水戸の"悲鳴"、神戸の忍者野郎"ZETU"、新潟のジャガジャカPRIMITIVE PUNK ROCK"タレナガシ"、STALIN等の昭和のジャパンクぽい"断絶間"の4バンド!
特に漢字、ヒラガナのバンドの昭和っプリは半端なく、アートワークも含めて現代のバンドとは思えない内容。
本当に、レコードジャケットに"@"とかなかったら勘違いしてしまうくらい昭和っぷりが半端ない一枚!


来月にレコ発もあります!

2月11日(土)
悲観レーベル企画
「悲観レーベルオムニバスレコ発ギグ」

AT.東高円寺二万電圧

BAND<決定順>
・悲鳴(水戸)
・ZETU(神戸)
・断絶間
・えんだぶあ
・ビル
・解剖室
・4-1(大阪)

開場17:30
開始18:00

予約1700円
[PR]

by voxpopuli | 2012-01-07 10:35 | 入荷 | Comments(1)
Commented by cartier lo at 2015-11-23 21:08 x
I agree – things have changed in many ways over the years, and the changes have made it easier for the donor-conceived children to feel more comfortable with their origins. But the one thing which is key, in my mind, is the parents' ability to discuss the issues with their children.
cartier love bracelet 17 http://www.justcarjewelry.com/


<< 入荷各種!      あけましておめでとうございます! >>